あなたはどこから臭う?あらゆる臭い対策教室

臭い服とはおさらば!対策集

time 2016/03/08

臭い服とはおさらば!対策集

日常生活を送っていて人込みなどに紛れていると色んな人の菌や汗のにおいなどがつきますよね。
お洗濯をすれば汚れだけではなくても臭いも落ちる!と思いますが柔軟剤などを使っていても中々臭いが落ちないものも…。
ここではそんな臭い服の対策についてご紹介します。

■洗剤を変えてみる!

a5d121248eacf81742fc69cc26d1f516_s

あなたは今どんな洗剤を使っていますか?
もし今液体洗剤を使っているのであれば、粉末洗剤へ変えてみるという方法はいかがでしょうか。
ちなみに私はタバコを吸いますし、よくタバコを吸う環境にいますので粉末洗剤を使用しています。

●なぜ粉末洗剤がいいの?

製品や成分にもよりますが液体洗剤は弱酸性や中性であることがおおいのです。まず、臭いの元となるのは皮脂やタンパク質の酸化によるもの。これらは弱酸性です。
弱酸性の汚れを洗うには、逆に弱アルカリ性である粉末洗剤を使用したほうが汚れは落ちやすい!
つまりpHですね。酸性→中性←アルカリ性というのを小学校の授業で行ったのを覚えていますか?
弱アルカリ性の洗剤を使うことによって雑菌のエサとなる皮脂やタンパク質を取り除くことができ、洋服についた臭いを防ぐことが可能になります。
しかし粉末洗剤を使用するにあたってちょっと難点なのは洗浄力が非常に高いので、逆に言うと色落しやすくなるのです。

■漂白剤を使ってみる

a3c2fe51347eeab4760875a09028a6dc_s

洗剤を変えてもあんまり効果がみられない…という方は漂白剤を使ってみましょう。

●臭いを落とすのになぜ漂白剤?

これは疑問に思う方は多いでしょう。本来であれば汚れを落とすために使う漂白剤なのに臭いのために使うということですからね。
まず漂白剤は塩素系と酸素系があります。
塩素系は漂白力がとても強いので白い衣類にしか使えません。ですから臭いを落とすためには酸素系の漂白剤を使います。
また、漂白剤も粉末タイプと液体タイプがありますが、粉末の方がより効果的といえます。
なぜならば粉末の酸素系漂白剤の主成分は過炭酸ナトリウム。つまり洗剤のお話しと同じく弱アルカリ性なのです。

●どうやって使ってみる?

使い方としては、まず酸系漂白剤をお湯によく溶かしてからその中に洗濯物を入れます。
そして約30分から1時間程漬け置きしましょう。
お湯の温度は実際にどれくらいがベストなのかというと適正な温度は数字で示すことができませんが熱湯だとさらに効果が上がりますよ。その後は通常通り洗濯をしましょう。
もちろん主婦のみなさんはご存知かと思いますが漂白剤そのものは「洗浄」を目的としているものではないのでそれほど洗浄成分高くありません。
そのため酸素系漂白剤を使ったあとには通常の洗濯が必要になります。

■重曹で闘え!

おそうじなどでのお馴染みの重曹。
重曹の成分は油脂を乳化することができます。そのため酸化したタンパク質を分解することが可能なのです。
漂白剤や洗剤に比べると効果的な面では強力なものではありませんが、重曹自体は弱アルカリ性。同じように臭いの元となる弱酸性の皮脂や酸化したタンパク質を中和し臭いを消す効果が期待できますよ。

●どうやって使うの?

dd2e483203c4a84563feb968fb7ee944_s

使い方はかなり簡単!
用意するものは水1リットルと重曹です。水1リットルに対して、小さじ5杯重曹を入れ重曹水を作りましょう。
この中に洗濯物を漬け込み、30分ほどしたら通常通り洗濯するだけです。
バケツを使ってもいいですし、どうせ洗濯をするのですから洗濯機にそのままいれてもいいと思いますよ。
特にズボラさんはそちらのほうがおすすめです。バケツから衣類を移すときに一度絞らなければいけませんからね。

いかがでしたか?ちょっとした方法で臭いを消すことが可能なのです。
今まで消臭スプレーなどで対応していた方はぜひ実践してみてください。

down

コメントする